マナー事典
腰痛・肩こり・頭痛の方に朗報


スポンサードリンク

暑中見舞いへの返事の書き方

暑中見舞いへの返事 文例

暑中見舞いへの返事の文例

■暑中お見舞い申し上げます

ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります。
皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりとお喜び申し上げます。

暑さが落ち着きましたら、一度お会いしたいと思っております。

おかげさまで、私ども家族一同もこの暑さに負けることなく、相変わらず元気に暮らしておりますので、どうぞご安心ください。

まだ当分は暑さが続くことと存じますので、ご家族の皆様くれぐれもご自愛のほどを切にお祈り申し上げます。



■上司へ

暑中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。
今年の暑さはことのほか厳しいもので、秋の気配が待ち遠しい今日この頃です。
●●(社長・部長)をはじめご家族の皆様にはお変わりなくお元気に過ごされておりますとのこと、何よりとお喜び申し上げます。

おかげさまで私どもも元気に毎日を過ごしておりますので、ご休心くださいませ。

猛暑が続く毎日ではございますが、お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。
まずは、お礼かたがた暑中お見舞いまで。


■恩師へ

暑中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお見舞状をいただき、誠に恐れ入ります。
●●先生にはお元気でお暮らしのご様子、何よりうれしく存じます。

いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。
真夏とはいえ、そちらでは朝晩は冷えることもありましょう。
どうぞ夏風邪などにはお気をつけてお過ごしくださいませ。

まずは、お礼かたがたお見舞いまで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。