マナー事典
腰痛・肩こり・頭痛の方に朗報


スポンサードリンク

卒業祝い 挨拶状の書き方

卒業祝い(本人に)挨拶の書き方

卒業祝い 本人へ

○○君(○○さん)、ご卒業おめでとう。ご両親もさぞかしお喜びのことでしょう。
私も心からお祝い申し上げます。

 お母さんと一緒に受験のために上京されたのが
昨日のことのように思い出されます。
 自覚を持って素適な社会人になってください。

 今度一緒にお酒でも酌み交わしましょう。
 まずは取り急ぎ、お祝いとお誘いまで。

お祝いに悩んだら


卒業祝い 挨拶状の書き方

高校卒業祝い(甥へ) 文例

高校卒業祝い(甥へ)

桜もようやくほころび始めました。
○○君、高校卒業、おめでとう。

思い返せば、充実した3年間だったと思います。
これから社会に出て活躍していくわけですが、
これまでの18年間で培ったものを、
社会に還元していく気持ちを忘れることなく、
頑張っていって下さい。

 成績も優秀だった○○君の事だから、
会社にもすぐ慣れることと思いますが、
社会の厳しさを最初は味わうかもしれません。

 その時は、是非叔父さんに連絡して下さい。
いつでも相談に乗るよ。

 ささやかですが、高校の卒業祝いを贈りました。
まずは書面にてお祝い申し上げます。 
                敬具

こちらを参考にさせていただきました。

卒業祝い 挨拶状の書き方

卒業・就職祝い 文例

卒業・就職祝い
ご長女○○様には、このたび○○をご卒業され、
就職されるとのこと、心よりお祝詞を申し上げます。

就職氷河期といわれる時勢に、大企業にお就きになるのも、
ひとえにご両親様のご教育の賜物と感じ入ります。
そして、素直にご成長なさった○○様の人徳の証と思われます。
まことにおめでとうございます。
これからの社会人としての希望に満ちた人生をお祝いしたく、
心ばかりの品をお送りいたしました。
これからのご活躍を心よりお祈りいたします。
まずは書中にてお祝い申し上げます。

こちらを参考にさせていただきました。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。