マナー事典
腰痛・肩こり・頭痛の方に朗報


スポンサードリンク

寒中見舞いの書き方

喪中に年賀状が届いた場合

喪中に年賀状が届いた場合の
 返事の文例

寒中お見舞い申し上げます。
新年早々お年賀有りがたく頂戴いたしました。
当方からご挨拶申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮させていただきました。
なお本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。
 平成○年1月


寒中お見舞い申し上げます。
このたびは年頭のご挨拶ありがとうございました。
ご挨拶が遅れまして申し訳ございませんが
実は昨年○月に○(続柄・故人お名前)が
他界いたしまして服喪中のため年末年始のご挨拶は
差し控えさせていただきました。
あしからずご了承くださいませ。
とりあえずお礼かたがたご挨拶まで。
 平成○年1月


寒中お見舞い申し上げます。
このたびは年始状を頂戴いたしまして有難うございました。
実は昨年○月に○(続柄・故人お名前)が
他界いたしまして、私共服喪中でございますために
年賀のご挨拶を失礼いたしました。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 平成○年1月


寒中お見舞い申し上げます。
このたびはご丁寧に新年のご挨拶をいただき、
誠に有難うございました。
実は昨年○月に○(続柄・故人お名前)を亡くし
服喪中のため、年賀状を差し控えさせていただきました。
ご通知が遅れましたこと、どうぞお許し下さい。
本年もご交誼のほどよろしくお願いいたします。
 平成○年1月


寒中見舞いの書き方

喪中ハガキへの返事(寒中見舞い)の文例

喪中ハガキが届いた場合の
 寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます
ご家族の皆様には お体を大切にお過ごし下さいますようお祈り申し上げます
 平成○年1月


寒中お見舞い申し上げます
このたびは思いもかけずご不幸がございました由、
ご挨拶をいただき驚いております
ご無沙汰いたしておりましたために
少しも存じ上げずまことにご無礼仕りました。
遅ればせながら謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
どぞお身体大切によい年をお迎えになりますようにと念じ上げます
 平成○年1月


こちらを参考にさせていただきました。

寒中見舞いの書き方

寒中見舞い(喪中の場合)の文例

寒中お見舞い申し上げます
昨年○月に○が永眠致しましたため
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご挨拶を遠慮させていただきました
なお時節柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます
  平成○○年 1月


寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶いただきありがとうございました。
皆様には、良い新年をお迎えのことと存じ上げます。
実は、昨年○月に○が死去し喪に服しております。
今年は、年始のご挨拶を差し控えさせていただきました。
日々寒い折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
  平成○○年 1月


寒中お見舞い申し上げます
昨年○月○日父○○が□□歳で永眠し、
服喪中のため新年のご挨拶を控えさせていただきました。
本来ならば新年のご挨拶を控えさせていただく旨、
旧年中にお知らせ申し上げなければならないところ、
年を越してのこととなってしまいました。ご無礼の段、
どうかお許し賜りたく存じます。
日々寒い折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
  平成○○年 1月


寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶いただきありがとうございました。
昨年○月に○が他界し喪に服しております。
そのため年始のご挨拶を差し控えさせていただきました。
故人が生前中に賜りましたご厚情に深謝致しますと共に
今後とも変わらぬご交誼の程よろしくお願い申し上げます。
なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます
  平成○○年 1月

こちらを参考にさせていただきました。

寒中見舞いの書き方

寒中見舞いについて

寒中見舞いとは
厳寒期に相手の健康を気遣う便りを出し、
お互いの近況を報告しあう、季節の挨拶状です。

松の内(1月7日)までが年賀状で、
それ以降から「節分」までが「寒中見舞い」となり、
「節分」が過ぎれば「立春(りっしゅん)」で、
暦の上で春になりますが、「立春」以降に出す場合、
春になってもまだ寒いので「余寒見舞い」になります。


寒中見舞いを出す時
・喪中の人に宛てて挨拶状を出したい時
・喪中などで年始の挨拶ができなかった時
・年賀状を出しそびれてしまった時
・年賀状を出さなかった相手から年賀状が届いた時

寒中見舞いの書き方

寒中見舞いの文例

寒中見舞いの文例
・寒中お見舞い申し上げます。

・この冬の寒さは格別ですが、
 御地のご様子はいかがでしょうか。

・寒さ厳しき折柄、
 くれぐれもお体を大切にお過ごしください。

・厳寒のみぎり、皆様のご健勝と
 ご自愛をお祈り申し上げます。

・本格的な寒さを迎える折、
 皆様にはお障りございませんか。

・年始には丁寧なお年賀状をいただきまして
 ありがとうございました。

・本年も昨年同様のお付き合いの程、
 どうぞよろしくお願い致します。


・寒中お見舞い申し上げます
 暖冬とはいえ、さすがに冷え込む今日この頃、
皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私どもは無事に過ごしておりますので、
ご安心ください。
世間では流感が猛威をふるっております。
時節柄、くれぐれもご自愛ください。


・寒中お伺い申し上げます。
暖冬とは申せ、やはり朝晩の冷え込みは
辛いものがございます。
無理をせず温かくして、ゆっくりとお過ごしください。
私どもは皆元気にしております。
病気知らずの家族に恵まれましたことに
感謝する毎日です。
もうすぐ春の足音も聞こえてきましょう。
どうぞお風邪など召しませぬよう、
お体を大切にお過ごしください。


■年賀状の返礼に遅れたとき
・寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧な年賀状を頂き、
ありがとうございました。
ご挨拶が遅れ申し訳ございません。
皆様におかれましては良いお年を迎えられました
ご様子、心からお喜び申し上げます。
私どもも無事越年いたしました。
今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。


・寒中お見舞い申し上げます
新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が
遅れてしまいました。誠に申し訳ございません。
厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。
今年も宜しくお願い申し上げます。

こちらを参考にさせていただきました